セラミドって?こんなにすごい機能が!

セラミドは、私たちの肌で作り出されている保湿成分です。
皮膚のいちばん外側にある角質層で「細胞間脂質」の主成分として存在し、皮脂、天然保湿因子とともに3大保湿因子と呼ばれています。

 

セラミドは脂質なのですが、水と結合する特異な性質を持っており、水分をしっかりはさみ込んで水分を保持する働きがあります。

 

簡単に言うと、肌内部の水分が蒸発しないように守っているということです。

 


その保水力は他の保湿成分よりも高く最強。
どんなに空気が乾燥しても蒸発しないパワーです。
あのヒアルロン酸もセラミドには勝てません。

 

また、細菌やダニやほこりなどのアレルゲン、紫外線などの外部の刺激から肌を防御する働きも担っています。

 

これらの役割りが『バリア機能』と呼ばれるものです。

 


セラミドは肌が新陳代謝をして作られるものなので、年齢とともに失われていきます。
不足すると肌内部に水分を保てなくなり肌が乾燥します。
しわ、たるみ、くすみ、毛穴の開きなどあらゆるトラブルは乾燥が原因と言われていますよね。

 

このようにセラミドは、肌にとっていちばん重要な成分と言っても過言ではないのですが、残念なことに年々減少していくのですね・・・

 

そこで、それならば不足していく分を補ってあげましょう!!
最も簡単に補う方法はセラミド入りの化粧品を使うことで、これを取り入れると、肌内部の水分量を保つことができ、肌が変わっていくのを実感できます。

 

どんなセラミドを選ぶべき?

 

セラミドにはいろいろな種類がありますが、選ぶべきは『ヒト型セラミド』です。

 

これは、

 


ヒトの肌が持っているセラミドと同じ構造をしているため、浸透性が高いぶん保湿力も優れています。

 

その性質から刺激性もなく、敏感肌でも安心の保湿成分です。

 

ヒト型セラミドは約6種類存在していますが、そのうち特にセラミド1・2・3は強い保水力も持っているので、このいずれか、またはすべて配合された化粧品を選ぶのがベストです。

 

いつまでも若々しい肌を保つにはヒト型セラミドが入った化粧品を選びましょう!

 

⇒ セラミド1・2・3が配合された話題の化粧品「ヒフミド」はこちら